手数料はやっぱりネット証券の方が

2014/08/16

ネット証券と総合証券では、手数料もかなり差が出てきます。 総合証券の日本株の手数料例は、大和証券のコンサルティングコースネット型だと最低でも1995円かかり、これがお店型となると2625円になります。 50万円だとネット型で4525円、お店型で6037円となりこの時点で結構な額になっています。 一方、ネット証券の場合だと、SBIと楽天は10万円までで145円、マネックスは105円、松井証券だと無料となっており、50万円でも高くても500円程度となっています。 このように手数料でみれば、人件費が掛かるか掛からないかでこんなにも違ってきます。 ただ、総合証券はネット証券に比べると、手数料は高いもののやはりその都度相談が出来るので、その点では優れているといえます。 ですが、やはり自分で取引を行っていきたい人や、頻繁に行いたい人は手数料が安い方が良いと思うのではないでしょうか。 商品やサービス、手数料全てを含め、自分にとって一番使い勝手の良いところを選ぶのが一番だと思うのでよく検討したうえで決めていくことをお勧めします。

お気に入りサイト

トレイルランニングをはじめよう