選ぶポイントはどこにするかが重要!

たくさんの証券会社がある中で、どういったところを選べばよいのか迷ってしまうかと思います。 其々の会社でサービスの内容も異なってきますが、一番気になるのは手数料かと思います。 例えば、100万円までの株取引手数料がA社では1000円とします。 B社はそれが1500円とします。 A社とB社を差し引きすると、1回の取引で500円もの手数料の違いが出てきます。 これだけを見るとA社の方が良いと感じます。 しかし、この部分だけで判断してはいけないのです。 実は、B社は「一律定額制」という強みを持っているので、1日にどれだけ取引をしても手数料は10000円となっています。 それを仮にA社で行ったとすると20000円もかかったりします。 上記の場合、差し引きすると1日で手数料が10000円も違ってきてしまいます。 これでわかることは、A社は一般的な投資家向け、B社は1日に何回も取引をするようなデイレート向けであると言えます。 というように、手数料面だけでも証券会社選びには重要となってきます。 これ以外に、A者では「新規公開株(IPO)の取り扱い会社多数」というサービス、 B者では「企業分析が出来る」というサービス、C社では「リアルタイムの株価をお知らせする」というサービス等様々なものを扱っています。 こういったサービスは、ほとんど無料で利用することが出来ます。 証券会社の口座を持ってさえいれば利用できるサービスが多くあります。 人によっては多くの口座を開き、状況に応じてサービスを使い分けているという人も居ます。 ネット証券の場合は、口座の管理料が発生しないことがほとんどなので、サービスのために口座を多数持っていても問題はなく、利用したいサービスを利用することが出来ます。 また、複数口座を持つことにより、ライブドアショックのようなネット環境のトラブルから速やかに切り抜けられるというメリットもあります。 こういった点を含めてその会社が良いのかを見極めていくと良いかもしれません。